箱根駅伝2018繰り上げスタートやシード権と棄権の場合の記録など ルールを確認!

志之介
箱根駅伝のレース中は興奮して見入ってしまうけど、実況で叫ばれるあの言葉やこの言葉など、実はよく分からないものもあるんですよね
Neko
それはもったいない!ちゃんと分かったほうが、ヒートアップした実況者と同じ気持ちで盛り上がれるんだぞ!

ルールなど含めて確認しておこう!

2018年 箱根駅伝出場校一覧と監督や大会記録も!優勝候補は青学か?東海大や神大も
出場の21大学(チーム) 出場は20の大学と学連選抜チームです。 大学(チーム)...

箱根駅伝2018のルール

簡単に全体的なルールを確認します。

  • 名称:第94回東京箱根間往復大学駅伝競走
  • 日時:2018年1月2日〜1月3日(往・復路)
  • 出場チーム:21チーム(20大学+学連選抜)
  • チームエントリー:2017年12月10日
  • 区間エントリー:2017年12月29日
  • メンバー変更:レース開始の1時間10分前まで(区間の変更は認められない)
  • 外国人留学生:チームに2名まで、走るのは1名まで

繰り上げスタート

「繰り上げスタートになってしまうのか…!」

繰り上げスタートとは

先頭を走る走者から

規定時間以上に遅れてしまった場合

まだタスキを受けていない走者が

一斉にスタートすることです。

この場合、前の走者からタスキを

受け取ることができないため

白タスキ」というタスキで

走ることになります。

規定の時間は

  • 2区、3区:10分
  • 4区〜10区:20分

となっていて

差がつく広範によく起きてしまいます。

「タスキをつなぐ」

これができるかどうかの境目です。

観戦している方としては

力が入る部分でもありますよね。

シード権

「この中の3校がシード権を獲得…」

シード権とは翌年の箱根駅伝で

予選なしで本戦に出場ができる権利です。

箱根駅伝本戦10位までのチームに与えられます。

優勝が決まったからと言って

レースが終わりというわけではないということですね。

棄権の場合の記録

「…途中棄権ということになってしまいました…」

選手が走れないと判断された場合

途中棄権ということになります。

通常は赤い旗で棄権の意思が伝えられます。

ただそこでチームのレースが

終わってしまうのではなく、

記録や順位こそ残りませんが

繰り上げスタートでレースを

続けることになります。

できれば棄権はあってほしくないですが

ギリギリのところでやっているため

ハプニング的に起きてしまうものなのでしょう。

2018年 箱根駅伝のコースを確認!歴代区間記録と距離やゴールは?芦ノ湖〜大手町
2018箱根駅伝のコース 2018年箱根駅伝のコースは 大手町〜芦ノ湖間を 往路(1月2日):10...

その他の言葉

その他にもよく使われる言葉があるので

確認しておきましょう。

持ちタイム

選手やチームのこれまでの

ベストタイムを表します。

「平均持ちタイム」という

チーム全体の持ちタイムを

表す言葉もあります。

イーブンペース

常に一定のスピード

走っていることを表します。

速すぎず遅すぎずに走ることで

選手の調子がいいことも表します。

普段より、また持ちタイムより

速く走っていることを

「オーバーペース」、

遅く走っていることを

「スローペース」といいますよね。

完全優勝

往路・復路共に1位の記録で

優勝することです。

2015年〜2017年の箱根駅伝は

青山学院大学の完全優勝が続いています。

志之介
へー…半分くらい分かりましたよ…(汗)
Neko
まぁ…、分からなくても楽しめるってことで。

そんなことより応援!応援!

シェアする

フォローする