卓球

ジャパントップ12が終わり2019年も終了ですが東京2020五輪団体戦には平野美宇選手と水谷隼選手が選ばれるのではないかと思っています(結構そう言われている)|雑記

2019年お疲れさまでした。東京2020の代表争いが想像以上に壮絶で熱い1年を過ごせました。それもジャパントップ12が終わったことで主要な大会は終了です。というかもう年末で今年も数日しかありません。

ジャパントップ12に関してはオリンピック代表争いが激しくなりすぎたためか、石川佳純選手「気持ち的にノンプレッシャーだった」、平野美宇選手「久しぶりにプレッシャー無く出来た」とおっしゃるように実質的にはグランドファイナルまでで一段落だったのかもしれません。

なにはともあれ平野美宇選手ジャパントップ第1ステージ優勝おめでとうございます。ノースアメリカンオープン決勝やグランドファイナル1回戦の様子を見たときには「これ平野美宇選手じゃない疑惑」まで持ってしまうほどのパフォーマンスでしたが、平野美宇ここにあり!を再び感じさせてくれました。

それまでははっきり言って、「オリンピック団体戦メンバーも危なくない?」なんて少し思っちゃったりしていましたが、完全に払拭です!特にジャパントップ12第1ステージの決勝が早田ひな選手だったのも関係あるかもしれません。「勢いを感じない平野美宇選手」と「失うものはないレベルで勢いだらけの早田ひな選手」で団体戦メンバーを争っている雰囲気ですが、直接対決で勝利したわけですから!個人的には3回目の「勝てばオリンピック」なんて思って観戦していました。

見事第1ステージで優勝をした平野美宇選手ですが、2日目は石川佳純選手には勝利したものの、伊藤美誠選手には敗れてしまいました。さすが「魔王」、強いです。というか日本代表として頼もしいです。2019年の前半までは伊藤美誠選手・石川佳純選手・平野美宇選手の誰がオリンピックシングルスの代表を勝ち取るのか!みたいになっていましたが、終わって見れば伊藤美誠選手の圧勝です。しかもシングルスだけではなくダブルスも強いという感じでスキがありません。

さて、オリンピック団体戦メンバーの発表は2020年1月6日(月)ですが、何時頃なのでしょうか。団体戦とは言えシングルスも戦うわけで、シングルスで勝てる選手が選ばれてもおかしくありません。ということで個人的には平野美宇選手で決まるだろうと思っています。2019ワールドカップも実質この3名でしたし、石川佳純選手と平野美宇選手はダブルスも組んできていますし。

状況は平野美宇選手で決定の雰囲気ですが、本人は決定の通知が来るまで絶対安心できないいに決まっています。練習にも身が入らないかもしれませんし、お正月だって気が休まらない…決まっているんだったら通知だけは先にしてあげてほしいです。

そして男子はあまり状況が見えてきません。報道などでは水谷隼選手で決まりのような記事が多いのですが、ジャパントップ12も腰痛で欠場していますし決定的な印象がありません。たしかにグランドファイナル混合ダブルスの準優勝はものすごいアピールポイントだと思いますが。ただ、丹羽孝希選手と組んだ場合の左利きペアに目をつぶりすぎな気がしないでもないです。せめてワールドカップに出場していたら…なんて思いましたが、そうなったらおそらく丹羽孝希選手がメンバーから外れていたんですよね。うまくいきません。

ワールドカップも腰痛でジャパントップ12も腰痛で目の調子が悪いことも告白されているとなると…保険なしに水谷隼選手をメンバーとするのは心配な気もします。そのためにリザーブの選手がいるわけですが。

水谷隼選手といえばリオオリンピックでの個人銅・団体銀は素晴らしい実績と勝負強さです。2019年もグランドファイナルに出場できるほどで、世界ランクも上位となれば選ばれても疑問はありません。というか日本男子卓球と行ったら水谷隼選手なんです。ぜひ選んでください!

スポンサードリンク