世界バレー2018の日程や組み合わせと全日本女子の対戦相手の世界ランクは?

志之介
今年は世界バレーが開催ですね!1時リーグは9月末からですが、はやくも事前番組が放送されるみたいですね。
Neko
Vリーグのシーズンがもう少しで終わる。次シーズンまでは世界バレーに集中ということだな
志之介
世界バレー2018女子大会の、日程や対戦するライバル、大会方式について確認しておきましょう!

世界バレー2018の日程

世界バレー2018女子大会の日程は

9月29日(土)〜10月20日(土)

日本開催です!

ちなみに男子は

イタリアとブルガリアでの

開催となるため時差があっての

開催となりそうです。

全日本女子はプールA

日本はプールAに入りました。

プールAのライバルをチェックすると

チーム 世界ランク
日本 6
オランダ 8
アルゼンチン 11
ドイツ 13
カメルーン 18
メキシコ 26

となっています。

日本はプール中世界ランクが最上位ですね。

期待ができそうです。

“世界バレー2018出場チームと世界ランク”

全日本女子の試合日程

全日本女子の

第1ラウンドの試合予定は

日程 対戦相手 会場
9/29(土) アルゼンチン 横浜アリーナ
9/30(日) オランダ
10/1(月) メキシコ
10/3(水) カメルーン
10/4(木) ドイツ

となっています。

決勝まで3ラウンド

世界バレー2018の大会方式を確認すると

ラウンド チーム 勝ち抜き条件
1次ラウンド 24チームが4つのプールで総当り戦 各プール上位4位
2次ラウンド 16チームが2つのプールに分かれ
1次リーグで未対戦のチームと対戦
各プール上位3位
3次ラウンド 6チームが2つのプールで総当り戦 各プール上位2位
決勝ラウンド トーナメント、順位決定戦あり

とラウンドを3つも勝ち進まなければ

決勝に進めません。

2次ラウンドでは、

プールAの日本はプールDから

勝ち上がったチームと対戦し

1次ラウンドの成績と合わせて

上位3チームが決まります。

ここでセルビア(世界ランク3位)、

ブラジル(世界ランク4位)と

対戦することになるのでしょう。

3次ラウンドは抽選により

プール分けがされて

6チームによる総当たり戦

決勝進出が決まります。

決勝進出は上位2チームです。

3位の場合には5〜6位決定戦に

回ってしまいます。

優勝を狙うためには

3次ラウンドで2位以内に入ることが

必要ということですね。

事前番組の放送予定

すでに事前番組が決まっています。

日程 時間 放送局
3/14(水) 深夜2時35分〜 TBS
3/29(木) 深夜3時7分〜
3/30(金) 深夜3時24分〜

「深夜」は24時を回った後の、

正確には日付が変わっている時間帯です。

3月中にすでに3回、

インタビューや選手の近況など

今後たくさん放送されるのでしょう。

志之介
決勝に進むのは6チーム、日本は世界ランク6位、しかし優勝を狙うためにはグループで第3ラウンド4チーム中2位以内という成績が必要ということですね!むずかしい!
Neko
目標は2020年の東京オリンピックかも知れないが、世界バレーでも、どの試合でも手を抜くことはしないだろう。全力で応援しよう!

引用:2018女子世界選手権 横浜など6都市で開催|トピックス|JVA 日本バレーボール協会